彼女と僕

ある日突然言われた『私と恋愛しませんか?』、、僕は当然驚く、人類史上かつてそんな告白があっただろうか?僕は答える『、、恋愛ですか?』『はい、恋愛です!よろしくお願いします!』その日はよく晴れた日で、とても恋愛日和、、、いや恋愛に日和も糞もないよな。なんとなくその時はいと答え『ありがとうございます。あなたと恋愛出来るなんて嬉しいです。またメールしますね。』と言われて帰ってきてしまい、現在大人しく相手のメールを待ってしまっている自分が少し情けない。こんな始まりもあるのだろうか?何の経験も無く、恋愛とはなんとなく『始める』ものでなく『始まる』ものだと思っていた僕にとって、今回のことははっきり言ってパラダイムシフトだったのだ。彼女は半ば強引に僕との『恋愛を始めた』のだから。それにまんまと『はい』と答えてしまった自分はいった何者なのだろうか、、などと脳内で答えの出ないメチャメチャな思考を繰り広げている最中、携帯が彼女からのメールの着信を知らせる。『急に恋愛したいなんてすいませんでした。驚いたでしょう?本当に私で大丈夫ですか?』あれだけ色々考えた結果、僕の中に迷いはなかったようだ、『はい』。

洗顔法 にきび

千葉へ行き歯科会社を探す

板橋区にある歯医者さん「広瀬歯科医院」